ここのところ喉にイガグリ君が滞在しているらしく…なかなか咳が止まらないタニーです( ̄∇ ̄)
参った参った…(汗)

そんな喉イガグリ病に負けず!!
今日はツノガエルの飼育についてご紹介♪
ツノガエルに興味の無い方…少々お付き合い下さいm(_ _)m

ツノガエルの飼育方法には何パターンかありますが、ここでは2パターン紹介させて頂きますね(゜∀゜)

1 マット飼育☆
20130212-suponnji111.jpg
いきなりツノガエルの写真ではないですが…ご容赦下さい(汗)
フィーバーでは、ケース内に湿らせたマットを敷いて飼育しています。
なぜマットを敷くの!? 
答えはWebで♪…なんて酷い解説のやり方はしませんよ(笑)

マットを敷く理由は、カエルの足を守るためです!!
なんの凹凸もないケースに薄く水を張っただけだと…カエルがツルツル滑り上手く足で体を支えることが出来ません。
そのためベタッとした体型になってしまいます…。
ベタッとした体型になってしまうと、動いた時にお腹など普段地面に接することの無い部分を引きずって動くことになりますよね(´Д`)
常に引きずって動くことにより、皮膚を少しずつ傷つけてしまい病気等を引き起こす原因となってしまいます。

マットでの飼育は生体を良く観察できることと、簡単に掃除を行うことが出来るので初心者方にはオススメです♪
しかし頻繁な水換え等は控えめにしましょう!!

2 土飼育☆
20130212-tutisiiku111.jpg
やっとツノガエルの写真登場です(笑)
土飼育はツノガエルの本当の姿を楽しめます(゜∀゜)
野生下では半身を土に埋めた状態で待ち伏せし、目の前を通った獲物を捕食します。そのため飼育している状況で、ツノガエルの野性味溢れる姿を見ることが出来ます!!
可愛い姿も期待できますよ(^^)/

20130212-kawaii111.jpg

しかし土を使用するとカエルが潜ってしまうため…たまに見えなくなることがあります(汗)
またマットでの飼育と違い、汚れが目立ちにくいので定期的に土は交換してあげましょう♪

ツノガエルのカラー
20130212-karafuru111.jpg
単にツノガエルといっても、様々な色をしたツノガエルがいるので選ぶ楽しさもありますよ♪

是非ツノガエルライフを満喫してみませんか!?

その他ツノガエルの飼育方法に関しては、機会があれば次回にでも書きたいと思いますね(゜∀゜)